ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

カテゴリー「育児」の1件の記事

2016年6月23日 (木)

ランドセル狂想曲

ちょっとテーマから外れた投稿です。初孫が来春は入学するので、息子達はGWに奈良にショールームに行っていました。ネット購入の予定が20日の売り出し初日の早々に完売となったとの事で、行って欲しいと21日の朝に電話して来ました。孫の為ならと飛んで出ました。11時に到着すると駐車場待ち。

少し並んでいます。かみさんが降りて並びに行きました。その時に前に投稿したセイヨウニンジンボクを見つけました。

橿原市の香久山の麓の『鞄工房山本』です〜マスコミにも取り上げられたみたいで、大変な行列が出来ています。


3時間経って工房の前に近づくとここには葛折りの列でここだけで100人位も並んでいます。


トイレを拝借にショールームに入るとそこにも150人位でごった返しています。一番奥がトイレの列らしくそこにも20人程の列が出来ています。

ここでホワイトボードに完売商品が書き出されているのが見えます。ここまで来ないとこの情報は分かりません。一点張りの私達は気を揉んでいました。勿論、トイレや飲み物購入などで列を離れるのも私達は交代できるけど、一人では気遣いが要りますね。でも何故か皆さんアットホームな雰囲気です。ランドセル購入という一点で連帯している感じですから前後の人とおしゃべりしながら時間潰し。完売情報も前後の人に伝えて共有していました。私達も、前に並んだ1歳半の幼児を抱えた若いお母さんにお節介をしました。お水を買って来たり、傘を差したり、荷物を持ったり、持参していたパンを渡したりと爺婆気分を発揮です。
京都から来ていて、幼稚園のお迎えが3時半でそれまでに終わるかなぁ?とのんびりしていましたけど、無情に時間は過ぎて、幼稚園に電話して最終の5時半までの延長保育を依頼。それにも間に合いそうにないので、友達に引き取りを依頼し、最後は、父親が何とか迎えに行くと連絡あり、何とか一件は落着。そんな連絡している間に幼児がこけて大泣き。思わず抱っこしましたが、眠いのも重なり泣き寝入り。結局最後は、八木駅まで送りました。畝傍御陵前駅から30分歩いて来た話を聞いていたら、とっぷり暮れた8時前ですからほっておけないですよね~。

4時過ぎて整理券をゲットすると、私達が貰った整理券は440番。後ろにも並んでいたので600人は軽く超えていたでしょう。中に入ったら受付番号は220番台です(涙)
私は抜け出して散歩に出ました。エコノミー症候群になりそうでしたのでね〜。
工房の脇から山道に入ると香久山の登山道の案内板があり躊躇なく登りました。雨水が流れる道を歩いて15分程で山頂です。小さなお社があるだけです。ちょっとした樹間に畝傍山が望めました。

受付の方法はというとタブレットを持った女性が四人で番号順に呼び手続きします。6時過ぎからは電話対応の方が加わり少しペースが上がりました。終わると隣で支払い手続きです。こちらは2人で対応。カード決済も現金も奥に持ち込んでの処理なのでこちらも小一時間待ってやっと終わったのが7時半過ぎ。在留8時間半と勤務時間並でした。勿論、昼飯は抜き、晩ご飯も帰路寄りそびれて家である物で済ませる始末でした。
奈良ののんびりした田園風景の中にこんな濃密な一団があるのが不思議な光景でした。どうやらネット購入が集中してサーバーがダウンして混乱が膨らんだみたいです。工房の職員さんが作業を止めて対応していたようですが、それを超えていましたね〜。
まぁ年に一回の特異な状況とはいえ何とかやり方は無かったのかなぁ?と疑問が沸きましたが、誰一人大声上げて食って掛かる人もいなくて黙々と並んでいます。
こうしたユルいのは、ある意味奈良らしいって納得してしまいましたけどね〜。(笑)
こうした状況が、避難所での落ち着いた行動にも繋がるのだと妙に納得しました。日本人の美徳を実感した一日でした。

かなり長くなりましたが、これでも喋り足りないです。こんなにどうでもいいことを語り続けられたら皆さん閉口ですね~

その他のカテゴリー