« やっぱりシチダンカ 〜草花探し 6 | トップページ | タマシギの巣の卵 »

2018年6月19日 (火)

枚岡公園の草花探し 最終〜ムシ編➕ササユリ

まずは前に書いハシさんに懐いたヒカゲチョウですが、その後にもいくつかの出会いがありました。


こちらはよく見かけるのに同定できません。


帰りに出会えたこちらも同じ仲間でしょうか?羽根も傷んで強風の中必死に交尾を続けています。人の恋路の邪魔が生き甲斐?の私の邪魔も耐えている姿は感動して応援したくなりました。
こちらもimakarayarouさんにコメントで教えて貰ったので追記します。トンボエダシャクだそうです。一枚目のと同じかどうか?はわかりません(涙)


こちらはあじさいの花の中で見つけて貰った鮮やかな色のムシです。カメムシの仲間では?と直感して帰って調べたら辿り着きました。


「アカスジキンカメムシ」ではないでしょうか?
カメムシはクヌギカメムシの卵塊からスタートしてキヘリカメムシなどとムシの中では関心がある方ですけどね。

こちらも帰って調べたら 「キアシドクガ」に辿り着きました。キアシで写真を良く見たら確かに前足が黄色いので当たっているかなぁ?


こちらはとんぼさんに頼っています。あじさいの葉で見つけたカタツムリです。



こちらはヤマトシジミと教えて貰ったと思って書込みましたが間違いだったようです。
いつも優しいimakarayarouさんにコメント貰いました。「ミズイロオナガシジミ」だそうです。水色っぽいし、小さな尾が長いですから命名はピッタリですよね。これはしっかり覚えたいです。もっとポピュラーなヤマトシジミすらまだ覚えられないので覚束ないですけどね。(追記)
ヤマトシジミも何度も聞いていますが、右から左にスーッと駆け抜けていきます。まるで風のようです。
最後はこちら



ササユリ2枚です。近くに咲いていましたが、一週間後には影も形もなかったので、参加者の方にはこの画像で我慢して貰いました。「来年は下見に参加してくださると出逢えますよ。」の笑い話はいつものように見事にスベリましたけどね〜(涙)

私的にはカサブランカにも負けない艶やか花で、とてもササユリとは言えない想いでした。

« やっぱりシチダンカ 〜草花探し 6 | トップページ | タマシギの巣の卵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤマトシジミではなく
「ミズイロオナガシジミ」ではないでしょうか?
初めて見ました。

交尾をしているのは
「トンボエダシャク」だと思われます。

よく撮ってくれました
さすがです!

imakarayarouさん丁寧なコメントありがとうございます。早速訂正しますね〜。ミズイロオナガシジミは一緒に見ませんでしたか?下見の時に撮りましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枚岡公園の草花探し 最終〜ムシ編➕ササユリ:

« やっぱりシチダンカ 〜草花探し 6 | トップページ | タマシギの巣の卵 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31