フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

« ナシとカキと果物シリーズ ② | トップページ | フタリシズカで盛り上がった »

2018年5月10日 (木)

知らんうちに

ちょっと見ないうちにこんなに花盛りです。




見た目にはもっといっぱいの花に見えるのですが、カメラではこんなに疎らです。なぜこうなるのか知らんぞ!


ってどこまでワンパターンで押すのでしょうか?呆れ果てます。
あまり世話されていないゾーンですが、立派に咲き揃っていました。それに引き換え我が家のシランは淋しいもんです。ここ以上に世話を怠っていると訴えているのでしょう。

気分を変えて


こちらはとんぼさんに教えて頂きました。庭石菖ですよね。落ちこぼれのインスト講座受講の中で学んで中のベスト5に入る出来事でした。こんな小さな花にも名前がありしっかりと生きている事に気づきました。
早くも満開な感じで鶴見緑地から北に向かう西三荘ゆとり道にはあちこちで繁茂しています。




こちらは白花です。小さいのにこんなオシャレな感じなんですよね。


こちらは赤いですよね。他に青や黄色もありますよね〜。淀川河川敷の右岸の豊里大橋近くには黄花があったので逢いに行きたくなりました。
そう言えば「オオニワゼキショウ」と言うのもありましたね。去年ちょっと見分けられるようになりました。オオと付くのですが、花が大きいのではなくて草そのものが大きいのだそうです。花の違いは?まだまだです。

« ナシとカキと果物シリーズ ② | トップページ | フタリシズカで盛り上がった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 シランの花の名前を孫に聞かれて、「シラン」と言ったら「知らん」と聞いたみたいだったので、「紫色のラン、紫はシと読むだろう」と解説しました。

 わが家に持ち帰った赤いニワゼキショウがどうにか持ちこたえています。ついにプランターの中に侵入した一株が大きく育っています。

とんぼさんに教えて頂いた沢山の草木の中でも庭石菖はトップクラスの印象深いものです。この人に追いて行こうと決めたきっかけの花でした。鶴見緑地のあの場所を歩き度に思い出しています。自宅でも栽培って良いですね。お孫さんが羨ましいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2048584/73457940

この記事へのトラックバック一覧です: 知らんうちに:

« ナシとカキと果物シリーズ ② | トップページ | フタリシズカで盛り上がった »