フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

« コクサギ葉序を調べたら | トップページ | ビヨウヤナギ »

2018年5月17日 (木)

マツバギクでした

こちらは我が家でも植えていて、実家に持ち帰って植えた花ですが、名前を忘れていました。


石垣に垂れ下がっている姿が実家の石垣に似合う気かしてねー。


数日してやっと思い出しました。この期間の長さが痴呆のバロメーターのような気がしますけどね〜

ところが


こんなものにも出会えました。
一回り大きい上にびっしりと咲いています。どうやら同じ種類のようですね。
帰って調べると花色も色々あるようです。花色で種類分けはしないようにはなりましたけどね〜


横から覗くとやはりマツバギクの葉が見えました。


それにしてもこの満開ぶりはやはりびっくりでした。
ずっと前にメタル感の花びらを命名した別名がある気がして調べましたが辿り着きませんでした。妄想だったのかなぁ?

マツバギク(松葉菊)の花言葉と育て方

マツバギクは、菊に似たかわいらしい花を咲かせる多肉植物です。暑さや寒さに強く、地面をはうように細い茎を伸ばすことから、グランドカバーやロックガーデンに利用されることが多いですよ。花色が豊富なので、自分のイメージ通りの庭を作って楽しめます。今回は、マツバギクの花言葉と、切り戻しの時期と方法など育て方についてご紹介します。

マツバギク(松葉菊)の花言葉とは?

『忍耐』『ゆったりとした気分』『心広い愛情』『怠惰』『無邪気』『可憐』『順応性』『愛国心』『暇』『無為』
「心広い愛情」という花言葉は、太陽に向かって咲き広がる花の姿に由来しています。「怠惰」などネガティブな花言葉は、夜や天気の悪いときに花を閉じてしまう姿にちなんで付けられました。

マツバギク(松葉菊)の学名・原産国・英語

学名 Lampranthus spectabilis
Delosperma cooperi(耐寒マツバギク)
科・属名 ハナミズナ科(ツルナ科)・ランプランサス属(マツバギク属)/デロスペルマ属
英名 Fig marigold
原産地 南アフリカ
開花期 ランプランサス属:4~5月
デロスペルマ属:6~10月

« コクサギ葉序を調べたら | トップページ | ビヨウヤナギ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 マツバギクは近くの道路わきの花壇で咲いています。身近な花ですね。種類があるようですがほとんどわかっていません。

投稿しながらも、仲間の分別は到底無理です。やっと思い出せただけで嬉しがって書き込むあさはかさなブログに毎回丁寧にコメントして頂けると事には本当に感謝しかありません。毎年、同じような内容しかないのに本当にありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2048584/73502239

この記事へのトラックバック一覧です: マツバギクでした:

« コクサギ葉序を調べたら | トップページ | ビヨウヤナギ »