« シナノキが咲いています | トップページ | 淀川河川敷での出会い »

2018年5月29日 (火)

黄花ニワゼキショウ

何ヶ月ぶりに淀川河川敷に行って来ました。近くに住む友人が淀川のパノラマ写真を見せてくれたので、広がる景色の爽快感を味わいたかったのと黄色いニワゼキショウが気がかりだったのでね。
ウォーク馬鹿だった頃にはずっと歩いて行っていましたが、今回は迷わず自転車に乗って出かけました。途中、インスト仲間に会って久しぶりの近況報告をして淀川に出ました。広がる開放的な景色に深呼吸していました。オオヨシキリの囀りやヒバリの長閑かな鳴き声は心地よく豊里大橋を渡って右岸の河川敷に降りて芝生広場にはニワゼキショウが咲き続いていました。青っぽい花を撮ろうとすると青みが薄れて白っぽく見えるので、目の錯覚なのかな?と中々撮れませんでした。


こうして写真で見ると青みがないですね。でも


ありました。黄花が!


でも去年よりもずっと少ない感じです。


それより白花の方が目立っていました。しかもこの白花は他のニワゼキショウと少し雰囲気が違います。花びらが細長くて尖っている気がします。


見事なピンぼけですが、花の中心の色が黄色なので全体的な雰囲気も変わって見えるのでしょうか?


自転車を押しながら辺りを見回して黄花を探しましたが、見えるのはタンポポやコメツブツメクサとこんな奴です。


これは何?私には判りません(涙)


芝刈りされた後だったので黄花ニワゼキショウはピンチな状態です。黄花なのに黄色信号どころか赤信号になっている気がしました。
ネットで調べたら、ニワゼキショウの色変わりとされているのやキバナニワゼキショウとされているものと混在してる感じです。沖縄での記載があるので沖縄には多いのかもしれないですね。
久しぶりの淀川で思い出したものを続けたいと思います。

« シナノキが咲いています | トップページ | 淀川河川敷での出会い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

可憐で
庭石菖なんて書くのに
テキサス出身だなんて
コンチクショウですね

でも アメリカで咲くより
日本で咲いているほうが
似合ってる感じしますね

いつもありがとうございます。
テキサス出身だとは知りませんでした。絶対にテキサスのイメージではないですよね。帰化植物でも許せる気がしますがね。繁殖力はやはり凄いようですね〜。
テキサス出身のカウボーイの強かさを備えて来た風来坊なんですね〜。勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄花ニワゼキショウ:

« シナノキが咲いています | トップページ | 淀川河川敷での出会い »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31