« 黄花ニワゼキショウ | トップページ | 淀川河川敷の出会い その3 »

2018年5月29日 (火)

淀川河川敷での出会い

昨日の続きです。


こちらはずっと前にも投稿した「ナヨクサフジ」だと思います。久しぶりに見るとやはりその勢いに圧倒されます。こんな茂りぶりなのに「ナヨ」なんて殊勝な名前なんです。




こんなにびっしりと花が咲いています。隣にはもうしっかりと種子が出来ています。


キヌサヤみたいに食べられそうですね。




こちらは少し時間がかかりましたが、何とか名前が出てきました。アレチハナガサですよね。


小さいけれど花は面白いです。茎が四角でざらついているのも生き残る術なんでしょうね〜。
ドライフラワーには向いてるのかな?


こちらはメドハギです。よく見ると去年の株が枯れて混じっています。多年草なんですね。
この茎が占いの筮竹の材料になるそうです。淀川では定期的な草刈りが行われるので材料に出来るまでは成長していないのかもしれませんね。


こちらは珍しく葉だけで判る数少ない草のひとつです。「ガガイモ」です。インスト仲間で師匠のとみやんに教えてもらったたくさん植物の内の一つです。花も実も面白いと教えて貰って、一昨年にやっと実に出会えたので持ち帰りました。何日か経ってみたら夥しい種子が溢れ出ていました。片付けに苦労しました。この辺は前に投稿していますので割愛します。


« 黄花ニワゼキショウ | トップページ | 淀川河川敷の出会い その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ナヨナヨと名がついても
アレロパシーを持ってるとは
強い奴じゃんか!

名前と見かけに騙されたらあきまへん

imakarayarouさんコメントありがとうございます。
そうですよね〜、ナヨっとした方には弱いですよね〜。きっとimakarayarouさんも若い頃に痛い目に遭われたことでしょう。私はひたすら片思いでしたから実害ありませんでしたけどね〜
でも未だに弱いナヨさんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淀川河川敷での出会い:

« 黄花ニワゼキショウ | トップページ | 淀川河川敷の出会い その3 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31