フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

« 大山レンゲが咲き始めました | トップページ | キキョウソウかな? »

2018年4月24日 (火)

マツバウンラン



4月8日に撮った写真です。マツバウンランは数年前に鶴見緑地で初めて出会い、インスト仲間のトミヤンに教えて貰った色んな花の1つです。とても印象深く覚えています。


こちらは今日(4月24日)の出会いです。
取り上げる程もないのですが、ひと回り大きな花が一緒に咲いていました。
去年は青春切符で訪れた岡山城の近くで見かけたのも思い出しました。

こちらは別なものなのか?私にはわかりませんでした。また教えて貰えるのではないか?と期待を込めて投稿します。それにしてもオオバコ科なんですね〜。


こんな可憐な花が外来種なんてちょっと違う感じがしますが、繁殖ぶりはまさに外来種そのものですね〜。


マツバウンラン(松葉海蘭)

越年草
アメリカ原産。1941年に京都市で初めて採集された。現在では北関東、北陸地方以西に普通に見られるようになった。茎は細く、基部で分岐して高さ50cmほどになり、基部から走出枝を伸ばして分株をつくる。葉は線形で、初めはロゼット状に重なるが、後には互生する。直径1cmほどの紫色の仮面状花を穂状につける。花期春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Nuttallanthus canadensis
オオバコ科マツバウンラン属
よく似た花のオオマツバウンランは、距を除いた花冠の長さが10〜12mmあり、下唇の基部に白色の部分がなく、全体に紫色の筋が入る。

« 大山レンゲが咲き始めました | トップページ | キキョウソウかな? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

琴引浜に行ったとき
浜辺に花が咲いているのを見ました
それが ウンラン(海蘭)だったのですね
知りませんでした
ありがとうございます

海辺でなくても 海蘭とは
まぁ いいけげんな名前を付けたものですね
せめて マツバウンランモドキとぐらいと付けてくれたら
海蘭とは似ているけれど別物ですって
わかるのにね

ウンランも知らんかったやつが
偉そうに言うな! って
言われそうです

 マツバウンラン、ツタバウンランは見たことがありますが、ウンランはまだ見たことがないです。

 マツバウンランは淀川の川原などにもはびこっています。ツタバウンランは住宅街の賑わいになっていますね。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2048584/73362091

この記事へのトラックバック一覧です: マツバウンラン:

« 大山レンゲが咲き始めました | トップページ | キキョウソウかな? »