« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月に作成された記事

2017年9月27日 (水)

オオオニバスの越冬作業

咲くやこの花館の前の池で4人方が作業されていました。


ハスの直径70センチくらいの大鉢の泥土からスコップで抜いていました。

ほとんどの葉を刈り込んでいます。自慢の大きな葉は無惨に切られて重ねられていました。
その中にはつぼみもいくらか混じっていました。


花の部分以外は全体をトゲで覆っています。これが鋭くてとても素手で触れるものではありませんでした。植物の柔らかさは微塵もなくて鉄壁の防御しているのですね。捨てられるのが勿体なくて貰おうと思って伺うと断られました。生態系でダメかなぁ?と思いましたが、理由は『全て大阪市の所有物だから‥』なんとも寂しい応えでした。無惨に処分されるゴミでも持ち帰りはご法度だそうです。まぁ、私みたいな輩が押しかけたら収集がつかなくなるのかもしれませんが、ちょっと頑な過ぎるお役所対応な気がしましたけどね〜
我が家のお皿で開花する姿は空想になってしまいました。


根もハサミを突き刺して間引きしていました。オオオニバスだそうです。熱帯性なので外での冬越しが出来ないので温室へ戻す為に植え替えしているとの話でした。刈込みはスペースの関係でやむおえず小さくしているとのことでした。

直径30センチくらいの小さな鉢にこじんまりと植え替えられて運ばれていました。その鉢がこれらですが、奥には葉の縁が立ち上がらないハスが見えますね。これはオニバスだそうです。こちらは葉の表にもトゲがあるそうです。因みにこちらは日本にもある植物だそうで、このまま越冬できるようです。

作業中にお邪魔にならないように気をつけながらも邪魔してしまいました。序でに聞きたかった『ポンポンアザミ』や『バックヤードの『アセロラ?』についての質問は呑み込んで離れました。水族館でも盛んに行われているバックヤードの見学もあったらいいなぁ〜と思いながらね〜。


海洋博物館の熱帯ドリームセンターの記事が面白いので参考にしてください。
http://oki-park.jp/sp/kaiyohaku/inst/40/42

追記(9月29日)
オオオニバスだけを作業されていましたが、翌日行って見るとオニバスも無くなっていました。オニバスもバックヤードに避寒したようです。結氷することもあるのでね〜。それと巨大化して景観を壊すのも懸念されて刈込みも兼ねて行われているのでしょうかね〜。

2017年9月22日 (金)

赤と白

タマスダレが一斉に咲き始めました。先日から赤花と白花がマイブームになっています。きっかけはヒガンバナでしたけどね〜



守口市の西三荘ゆとり道で見かけました。


敷石を挟んで咲き競っています。



こちらは8月11日に撮影しました。赤と言うよりピンクですけどね。


タマスダレの仲間ですよね。こちらは結構イレギュラーに咲いている感じですが、タマスダレは一斉に咲くイメージがあります。

こちらは先日、人生の師匠の先輩からメーリングに投稿があったヒガンバナの白バナの話があり盛り上がりました。


その日に私も偶然にも撮影していました。これも前々回の投稿に加えるつもりだったのですが、載せ損ないました。ここでリベンジです。


こちらは昨日撮影した鴫野の住宅街の細長い緑地の花です。住民の方々がマメにお世話されているので四季を通して楽しめる公園です。


こちらはそこから1キロ程東の民家の壁沿いの植込みです。

赤と白が一緒に並んでいました。
先日のテレビのローカルニュースで投稿写真を取り上げていました。少し早かったらこの写真も日の目を見たのかもしれませんが、私の腕ではblogがやっとでしょうね〜。

2017年9月21日 (木)

水田の様子

私の拙いblogの数少ない読者の一人のとんぼさんやimakarayarouさんも世話されている鶴見緑地の自然体験観察園の水田の様子をお伝えしておこうと思います。


台風の影響で、上から2段目の稲が倒れかけていました。沢山の案山子の見守りも叶わなかったみたいですが、まぁ水没する程ではないし、手刈りなので影響は少ないと思いますけどね〜。


他の水田は耐えていました。そろそろ稲刈りの時期になって来ましたね〜。お疲れ様です。




こちらは水田の脇のガマズミです。赤くなって存在感が増しますね。
葉にも丸い点がありコラボしている感じです。サクラの葉をすべて食べ尽くす毛虫とはエラい違いで芸術的なセンスある幼虫ですよね。


その隣のこの花はクサギの仲間でしょうか?葉や花はクサギに似ているようですが、名札が見つからず分かりませんでした。


葉は綺麗に重なりをずらしていました。


蕾も何となくクサギに似てる気がします。


こちらは生き生き地球館の北側の通路で見つけました。


ガマの穂みたいに綿毛が詰まった穂は何のタネなのでしょうか?見上げてみましたが特定出来ないまま退却です。この辺の粘りのないのも情け無いですよね〜。

2017年9月19日 (火)

ヒガンバナが‥‥

ちょっと遅めの夏休みにしては長い空白でしたが、やっと再開します。またすぐにダウンするでしょうけどね〜。


鶴見緑地の自然体験観察園のハス田や畑の土手で咲き始めました。
ヒガンバナは自然の不思議に気づいたきっかけのひとつでした。


遥か昔の40代の頃、明日香にヒガンバナの撮影に何度か通いましたが、センスのない私には作品に仕上げられませんでした。懐かしいけど苦い思い出ばかりの花ですが、毎年この時期には心が踊ります。


繊細な花の作り以上に微妙な光線で花色がびっくりする程違うのでがっかりすることも多いです。


こちらは私の秘密の場所でしたが、最近は沢山のカメラマニアが押しかけて来ます。まだ少し早いようですが、お彼岸の中日に照準を合わせているみたいです。


こちらは西三荘の水路跡のゆとり道の北端の西三荘駅近くです。こうしてあちこちに広がるのが球根だけと言うのには疑問が残ります。種子が出来てる気がしてなりませんけどね

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31