« シロバナマンテマとミチバタナデシコ | トップページ | スイセンノウとセイヨウオダマキ »

2017年5月14日 (日)

我が家の緑、トックリキワタを中心に



この春、神戸の東洋製罐のアーモンド祭りで頂いたタネを植えました。一晩水に浸して植えるように書いてありましたが、私は3日程経ってから鉢に植えました。
タネを進呈したとんぼさんから発芽の報告を受けて1週間後ぐらいの発芽でした。植え付けがそれくらい遅れた感じでしたからね〜。


こちらは2本目が1週間遅れて出て来ました。6粒の内の2本目ですから、3分の1の発芽率でしょうか?

修正 とんぼさんから8個だったと指摘がありました。そうでしたね。8個の内の2本ですから25パーセントですね。とんぼさんは5/8だそうですですから、この差は歴然としています。追いつくどころか周回遅れで脱落寸前ですね。


こちらは実生の『トックリキワタ』です。3年目でしょうかね。やっぱりタネから育てていると可愛いですよね。


冬は水遣りを控えて室内で管理しています。同じように取り込んでいた実生のパッションフルーツは枯れてしまいました。去年は冬越し出来たのですが、途中の水遣りが足りなかったみたいです(涙)


葉が面白いですね。トチノキに似た感じです。何個か蒔きましたが、一本だけは1年遅れて出て来た奥手な木もあります。やはり小さな鉢に2本ですから育ちは悪いですけどね。
追記 調べてみたら、葉は5〜7枚の掌状複葉(しょう じょうふくよう)だそうです。トチノキと一緒とありました。実生からの開花は難しいようで咲くやこの花館では沖縄から枝を持ってきて接木して開花させることに成功したようです。


こちらは5年目になるでしょうか?今年は花茎に支柱を添わせてみましたか、上手く誘引出来ませんでした。その失敗の所為もあってか花の向きがバラバラで窮屈な感じですけど、とりあえず花は咲かせてくれました。
後はアマリリスが2鉢とシランが2鉢あります。アマリリスは2鉢は姫路に持ち帰りました。分蘖が多くてプラ鉢を歪にしていますので植え替えないといけませんが、丈夫なので不精な私の世話でも耐えてくれています。
今、今日の誕生日の花はシランだそうです。紫蘭だったとは知らんかった!なんちゃって(笑)こちらも丈夫で育てやすいとラジオが伝えています。数年前に植え替えて鉢を増やしました。花は終わりかけています。

こちらは緑地のシランです。


もう盛りは過ぎた感じですけど、結構長く楽しめるのはランに共通しています。

我が家の緑化事情は淋しい限りです(涙)が、とんぼさんは溢れる程栽培されていますし、Sammyはボタンやシャクヤクも咲かせています。見習いたいですけどね〜。

« シロバナマンテマとミチバタナデシコ | トップページ | スイセンノウとセイヨウオダマキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 いただいたアーモンドの発芽は5/8です。まだ動きのないものがありますがもう少し様子を見ます。
 トックリキワタは大きく育つので気を付けないといけないですね。
 ランをきれいに咲かせましたね。

そうでしたね。アーモンドの種子は8個入りでしたね。訂正しておきます。
トックリキワタは改めて調べてみたら、沖縄では普通に栽培されているようですね。実生の開花は結構難関なようです。咲くやこの花館のは沖縄の枝を接木して開花が進んだみたいです。接木がいいのは果樹で証明されていますよね。
ランは今年は植え替えないといけないのですが私には高いハードルです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の緑、トックリキワタを中心に:

« シロバナマンテマとミチバタナデシコ | トップページ | スイセンノウとセイヨウオダマキ »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30