« 大木に惹かれて | トップページ | カルガモの雛が誕生 »

2017年5月 3日 (水)

鶴見緑地の国際庭園で

西口のゲート前にシマサルスベリが数本大きな植込みの中に植えられています。その足元も結構面白いです。

そのひとつが今盛りのこれです。ナルコユリかアマドコロかが見分けられない哀しさですが、なんとも涼しげで5月の爽快な空気にぴったりな花です。


こちらの葉は斑入りですが、斑の入らない種類もありますね〜。純白の長い筒状の先端に緑のワンポイントがありとてもお洒落な雰囲気です。
高めの柵の中なので覗き込まないと見つからない秘密に近い場所です。


こちらは青々と繁る葉は秋口には無くなってしまいます。


三ヶ所程に繁茂していますが、これはイヌサフランとも言われているカルシカム(コルシカム)です。ヒガンバナと同じように葉と花はお互いを見ることなく一生を終える切なさに惹かれます。どちらも毒性があるのも共通ですね。
西口から入って左側にオーストラリアゾーンで見頃の花です。


カリステモンです。ブラシの木とも言われている試験管洗いにそっくりな花です。


これは早咲き系なのでしょうか?

でも、まだ花のない木もあります。


去年の花の跡が残っているだけです。葉の雰囲気も違うので、早咲きや遅咲きなど仲間が色々あるようです。緑地では何ヶ所かで見られる花です。

« 大木に惹かれて | トップページ | カルガモの雛が誕生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ナルコユリ?アマドコロ?茎が丸いか、角張るのか?
よく似たのにホウチャクソウというものもありますね?
写真ではでは判定しにくいです。

とんぼさん いつも丁寧なコメントありがとうございます。
デスクワークは区切りがついたでしょうか?大変ですね。
去年にちょっと勉強したナルコユリとアマドコロですが、もうすっかり忘れていました。その上にホウチャクソウってのもありましたね〜。とてもついていけないトホホな私です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見緑地の国際庭園で:

« 大木に惹かれて | トップページ | カルガモの雛が誕生 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30