« なんじゃもんじゃ | トップページ | カルガモの雛誕生 再び »

2017年5月 9日 (火)

マツについて

前にマツの雄花雌花について投稿したが、昨日はもっと小さな雌花を見つけました。


小さな松葉の種類ですが 前回よりも小さいので可愛らしい松かさの赤ちゃんです。


セルカレンズでアップすると


新芽の途中に 2、3個ずつ付いています。

これできちんと花粉をキャッチするのでしょうね〜。当たり前なことですが、自然の営みに感心する初心者です。
一方、こちらは瀕死な状態です。


シロマツの名札が付いていますが、新緑どころか 枯れ始めています。


珍しいので時々見上げていましたが、切られるのも時間の問題みたいですよね。


幹の外皮が剥がれています。これが原因でしょうか?
マツだけに待つしかないのでしょうね〜

« なんじゃもんじゃ | トップページ | カルガモの雛誕生 再び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 なかなか見がたいものを見せていただきありがとうございました。

シロマツの立ち枯れは傷ましいですよね〜。これもマツクイムシの仕業なのでしょうか?あちこちマツはありますが、枯れてはいないようですね。松笠の赤ちゃんはとても可愛いかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツについて:

« なんじゃもんじゃ | トップページ | カルガモの雛誕生 再び »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30