« カルガモの雛誕生 再び | トップページ | ヒナキキョウに出会って大混乱(涙) »

2017年5月11日 (木)

ハツユキカズラの花を発見

鶴見緑地に向かういくつかの道の一番西側には西三荘の水路跡を緑地化した緑道があります。
そこのハツユキカズラが花を咲かせていました。


よく見たら、テイカカズラの花に似た花もあります。


この花なんかそっくりですよね〜。でも花は一回り小さな感じです。


こうしたスクリュー型がテイカカズラの花の特徴ですよね〜。
帰り道で緑道脇の民家の門にあったハツユキカズラです。



ついでに鶴見図書館の北側のテイカカズラを見てみました。

見事なスクリュー型の花もありました。





やはり一回り大きいですが全部がスクリュー型ではなくて、花弁が広いのやら黄色くなったのもあります。黄色は枯れていく途中みたいですが、広い花弁は説明つかないままです。

帰って検索するとどんぴしゃでした。久しぶりのヒットです。これでテイカカズラとハツユキカズラはバッチリな筈です。でも定家を定価で覚えてしまっていますし、ハツユキかウスユキかで混乱しています。やっぱりグダグダですよね〜(涙)


ハツユキカズラとは

テイカカズラの斑入り品種で寄せ植えやハンギング、地面を覆うグランドカバーなどに利用されます。つる性の草のように見えますが分類上は常緑つる性低木になります。縦横無尽につるを伸ばしまくるテイカカズラと比べると葉は小さめで節は寸が詰まっていて、つるはある程度コンパクトにまとまり扱いやすいです。
葉に白い斑が入りそこから「ハツユキ(初雪)カズラ」の名前がありますが、新芽のときには赤みの強い淡いピンク色で徐々に白みが強くなり、次いで白と緑色の斑点が混ざった姿になり最終的に緑一色になります。それぞれの生長段階の葉が混ざった形で生長していくので春~秋にかけては非常にカラフルで美しい姿になります。また、緑色の葉は秋~冬に紅葉します。カズラはつる性植物のことです。

« カルガモの雛誕生 再び | トップページ | ヒナキキョウに出会って大混乱(涙) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

グランドカバーで使われているのが
ハツユキカズラ だと初めて知りました
花が咲くのですね
観たことなかったです

なにからなにまで
ハツキキカズラ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハツユキカズラの花を発見:

« カルガモの雛誕生 再び | トップページ | ヒナキキョウに出会って大混乱(涙) »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30