« カルガモの雛が誕生 | トップページ | カラタネオガタマと皇帝ダリア »

2017年5月 4日 (木)

クリスマスホーリーなど実になる木

去年のクリスマスリース作りでお世話になった木にもうしっかりと実がついていました。


いつの間花が咲いていたのでしょうか?近くは良く通っていたのに油断していたようです。


でも赤くならないと目立ちませんよね〜。まるで擬態してるみたいですけどね〜。でもこんな時に食べらても未成熟で子孫は残せないでしょうから、葉と同じ色で食べられないようにしているのかもしれませんね。


こちらはマツの仲間の雄花です。必死で雌花を探しました。




こんな松かさの赤ちゃんが見つかりました。これが雌花なのかな?
去年もマツの花について書いた気がしますが、すっかり忘れています。


こちらは ハルニレです。もう少しでタネを落としそうです。


こちらはザイフリボク。昨日、数個よばれました。今年もしっかり熟して欲しいなあ。


でも、植木市で見かけたブルーベリーにそっくりな感じでした。同じ仲間なのかな?

« カルガモの雛が誕生 | トップページ | カラタネオガタマと皇帝ダリア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザイフリボクって食べられるのですね。

京都御苑の問題の樹は葉っぱ・果実を見て「ハルニレ」と判断しました。
ありがとうございました。

京都御苑には松が多いので松の雄花を楽しみました。赤松と黒松に違いがあるのか?わかりませんでした。雌花は探す気力がありませんでした。

ハルニレで一件落着したのは良かったですね。とんぼさんにとっては分からないのはストレスだったでしょうからねー。ザイフリボクが食べられるのは去年教えて貰いました。美味しいとも思わないですが、食いしん坊にはご馳走です。一番はヤマボウシのねっとりした口当たりかなぁ?
マツの雌花がマツカサになると考えたら、松ぽっくりの赤ちゃんが雌花なのかな?とぼんやりしながら眺めていました。姫路で孫達を迎える準備です。90歳過ぎた義母には頼れませんからね〜。GW後半を外で満喫出来たらいいですね〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスホーリーなど実になる木:

« カルガモの雛が誕生 | トップページ | カラタネオガタマと皇帝ダリア »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30