« カラタネオガタマと皇帝ダリア | トップページ | なんじゃもんじゃ »

2017年5月 6日 (土)

ヒメヒオウギが咲いています

とんぼさんに教えて貰ったヒメヒオウギが今年も咲き始めました。
きっととんぼさん宅の庭にも咲き始めているのでしょうね〜。タネを頂きながら大切にしまい過ぎて蒔けていません(涙)情け無いですよね〜。

鮮やかな赤が目を惹きます。


道端に置かれたプランターに生えていました。


6枚の花びらの内、下側の3枚にはアクセントの濃い赤があって可愛さがアップしていますよね〜。
白もあって去年は道路脇の溝で見つけました。今年はまだ見に行ってません。
昨日は実家の近くの児童公園で庭石菖やオオニワゼキショウを見つけましたけど、夕方5時前に撮影しようかな?と行くと花が見つかりません。取られたのかなぁ?と思いますながら良く見たら花を閉じていました。
改めて観察してみたい花です。



ヒメヒオウギは
「姫檜扇」と書き、ヒオウギを小型にしたような可憐な姿が魅力です(ただし、ヒオウギとは属が異なります)。ヒメヒオウギは半耐寒性の秋植え球根で、夏は休眠します。日本へは大正期に入り、観賞用に栽培されてきました。暖地では、こぼれダネで自然にふえるほど丈夫です。
茎葉は細く、草姿が小さいわりには比較的大きな花が咲きます。花径は2.5cmくらい、1輪の花は3~4日開いています。成長も早く、秋にタネをまくと翌春には開花するほどで、鉢植えとして3号鉢くらいのものが多く出回ります。小鉢でも十分育てられますが、5~6号鉢で2~3年つくり込んで大株に仕立てると、花数がふえて豪華になります。
かつてはラペイロウジア属(Lapeirousia)、あるいはアノマテカ属(Anomatheca)に分類されていましたが、現在はフリージア属(Freesia)になっています。


追記(5月7日)
とんぼさんのコメントで、乾き気味が良さそうなんだと思いながら帰り道で見たら、この前より花が沢山咲いていました。放置されたプランターなので、この方が生育環境は合ってるのかもしれませんね〜


« カラタネオガタマと皇帝ダリア | トップページ | なんじゃもんじゃ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我が家のヒメヒオウギは消滅しました。
水をやりすぎたからだと思います。
水をあまりやらなくてよいものと水をたっぷりやらないといけないものと隣り合わせに置くと管理が難しいですね。

とんぼさんの失敗コメントにちょっとホッとしました(笑)
私なんか世話を忘れて枯らすのがいつもですが、とんぼさんの失敗はしっかり水遣りして枯らした訳ですから私のレベルとは比べられないですよね〜。
この前撮影した花が一層咲いていたので追記しておきますね。
こちらもどちらかと言うと放置状態ですから、乾燥に強いのかもしれませんね〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメヒオウギが咲いています:

« カラタネオガタマと皇帝ダリア | トップページ | なんじゃもんじゃ »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30