« ボタンの花が‥‥ | トップページ | 淀川右岸の散策 »

2017年4月27日 (木)

オオアマナ(スターオブベツレヘム)も知りました

家の近くの小さな公園の植込みの端から覗いている花です。ハナニラだと思ってスルーしていましたけど、良く見たら随分違うのに気づき『みん花』に投稿して教えて頂きました。


アマナも知らない初心者ですが、スターオブベツレヘムなんてキリストに所縁があるのでしょうかね〜。


暗くなると花は閉じるようですね。コメントで教えて頂きました。近くなのでまたその様子も追加してみたいと思います。




アップすると花びらが2段になっている感じが面白いですね。


オオアマナ(スターオブベツレヘム) [大甘菜]
誕生花|2月 27日 花言葉|純粋、潔白
開花時期 4~5月
花の色 白
名前の読み おおあまな(すたーおぶべつれへむ)
分布 原産地はヨーロッパ
生育地 草地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20センチ
分類 ユリ科 オオアマナ属
学名 Ornithogalum umbellatum
花の特徴
茎先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、花径3センチくらいの白い花をつける。
花被片は6枚である。
花は日が射すと開き、陰ると閉じる。
葉の特徴
根際から生える葉は線形である。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
その他
日本へは明治時代の末期に渡来した。
観賞用に栽培されているものが逸出して野生化している。
英名はスターオブベツレヘム(star of Bethlehem)である。
キリスト生誕を知らせたベツレヘムの星にたとえられた名前である。
和名はアマナに花が似ていることからつけられたものである。
ただし、本種は有毒なので食べられない。
属名のオーニソガラムやオルニソガルムの名も使われている。

« ボタンの花が‥‥ | トップページ | 淀川右岸の散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 オオアマナは初めて見ました。
枚岡公園のアマナはどうなったのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオアマナ(スターオブベツレヘム)も知りました:

« ボタンの花が‥‥ | トップページ | 淀川右岸の散策 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30