ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

« 鶴見緑地の花便り | トップページ | 湖北を巡って③ 〜〜余呉湖〜 »

2017年4月19日 (水)

湖北を巡って② 〜〜長浜〜

彦根城を巡ってから長浜に向かいました。先の岡山城のクイズで長浜城ではないか?との回答があったので確認する意味もあったのでね。
途中で見た滋賀のパンフで、長浜の曳山祭りがユネスコ無形文化遺産に登録された事や4月9日〜16日を見てどんぴしゃなタイミングだと思って先ずはそちらからと思って黒壁スクエアを目指しましたが、祭りにしては観光客がチラホラです。お店番の方に伺うと祭りは13日から16日ですと言われてハッとしました。祭り本番前の祭事があるだけだったのです。(涙)
でも久しぶりの黒壁スクエアは随分洗練されて周りも綺麗になって観光地化していました。
商店街の東端の北側に大きな山門が見えたので向かいました。大通寺とありました。


本堂も大きな伽藍でしたが、振り返った山門の大きさが印象に残っています。帰って調べたら、安土桃山時代の建築様式を伝える真宗大谷派の長浜別院とありました。
通りの名前は『長浜御坊表参道』とありました。アセビでも有名らしくあせび展も開かれていましたが、気がせいて、無い後ろ髪を引かれながら湖畔に近い長浜城に向かいました。


こちらもサクラが満開でした。


こちらは北西からの写真です。裏には花見客は居ませんでした。南西側に向かうと


ヤドリギが見事にほこっていました。


サクラに飾られた長浜城は結構見られる感じです。博物館と見下ろした自分が恥ずかしいです。
こんなサクラの中のお城は岡山城の景色と重なるので納得しました。回答端間違いでなくて、『惜しい!』だったのですよね。sammyゴメンなさいね〜。


こちらは『長浜鉄道スクエア』。現存する日本最古の鉄道駅舎だそうです。現在の駅舎もこれを模しているようですが、確認を怠りました。空腹に負けたみたいです(涙)
南向かいには盆梅展の慶雲館がありました。
電車の待ち時間もあったので、そのまま一回りすると
駅前通りにこんなビルを見つけました。


大正ロマンの漂うビルでした。ひとしきり栄えたのでしょうけどね。長浜タワービルの表記も屋上のタワーもレトロ感溢れていました。

« 鶴見緑地の花便り | トップページ | 湖北を巡って③ 〜〜余呉湖〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

湖北は いいですね

長浜城廃城のあとの
資材のほとんどは
彦根城に使われているって
おもしろいですね
今の世の中にも
見習ってほしい技術ですよね

さすがに故郷らしいコアな情報をありがとうございます。
先を急ぐあまりに彦根城は入らず外回りを歩いただけでしたので詳しくわからないままでした。
ただ今までにない立派な城らしくて出直すことにしています。益々再訪が楽しみになってきました。

アケビの花やなんだったけ(もう名前を忘れている)?8枚の花弁の花、初めて知りました。
壁紙も春になりましたんね。ブログ投稿したら教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2048584/70305511

この記事へのトラックバック一覧です: 湖北を巡って② 〜〜長浜〜:

« 鶴見緑地の花便り | トップページ | 湖北を巡って③ 〜〜余呉湖〜 »