ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

« 名古屋にも行ってきました | トップページ | 湖北を巡って ① 〜〜彦根城〜 »

2017年4月18日 (火)

ペチコートスイセンとも言うそうです。

ちょっと自然観察から離れそうなので、挟んでおきますね。


去年奈良の佐保川の桜を愛でた時に見つけた黄色い花を教えて貰いましたが、覚えられないままでしたけど、再会しました。
名古屋市の舞鶴公園の緑化センターに展示されていました。こうして鉢植えすると可愛いですよね。園芸される方なら欲しくなりそうですよね。ペチコートスイセンと言う命名も何となく心弾みませんか?
以下はネットの解説です。


ナルキッスス・バルボコディウム
Narcissus bulbocodium

基本情報
その他の名前:ペチコートスイセン、原種スイセン
科名:ヒガンバナ科
属名:スイセン属(ナルキッスス属)

特徴

ナルキッスス・バルボコディウムは小型原種スイセンの代表的な種類で、変種や亜種を含めて、ヨーロッパ南西部や北アフリカに広く分布しています。自生地の気候は雨季と乾季がはっきりしており、日当たりのよい草原や岩場に生えることが多く、自生地によっては雨季に水没するような場所に生えていることもあります。
秋の中ごろから葉を伸ばして、葉を成長させながら冬を越します。このころから花芽が見え始め、早春のころには花冠の広がった黄色いペチコートのような花を、1茎に1花開きます。晩春のころより葉が枯れ始めて落葉し、夏の間は休眠(夏眠)します。
葉が太く花茎の短い大輪花のオベスス(Narcissus bulbocodium subsp. obesus)や、細く繊細な葉にスリムな花を開くコンスピキュアス(N. bulbocodium var. conspicuus)、小型のニバリス(N. bulbocodium var. nivalis)などバリエーションも豊富で人気があります。



こちらは去年覚えた花ですが、こうして鉢植えされたのは初めてでした。小ぶりになって結構可愛いですよね。


こちらは原種のチューリップだそうです。原種らしい矮小さでした。


こちらはウラシマソウです。他にマムシグサやヤブレガサなど興味を引く物が沢山ありました。狭い場所にずらりと並んでいて販売もされていました。近くなら迷わず購入したのですが、帰路の長丁場を考えて断念しました。
北東の角近くのツバキのコーナーで見つけました。この前の『日月星』からツバキにも気持ちが向いています。


これは『シロクジャク』と教えて貰いました。花弁が細いのが気になりました。


こちらは『シロヤブツバキ』だそうです。花弁が開いているのを珍しく思いました。

こちらは落花盛んな赤いツバキです。落ちても存在感がありました。

« 名古屋にも行ってきました | トップページ | 湖北を巡って ① 〜〜彦根城〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ペチコートスイセン
名前に惹かれますね

ペチコートがどんな物かよくわからないのに何となく興奮しているのを押し殺して書き込みました。こうしたコメント頂いたら我が意を得たりです(笑)これなら何とか覚えられそうですからね。未だに名前が覚えられていないですからね〜(涙)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2048584/70295015

この記事へのトラックバック一覧です: ペチコートスイセンとも言うそうです。:

« 名古屋にも行ってきました | トップページ | 湖北を巡って ① 〜〜彦根城〜 »