« オオアマナ(スターオブベツレヘム)も知りました | トップページ | 大木に惹かれて »

2017年4月28日 (金)

淀川右岸の散策

数年前にトミヤンに教わり稀少な花として私の中では宝石みたいに大事にしてきました『マツバウンラン』
今年はあちこちで見かけてその価値がどんどん低下していました。これまでの私の目がふし穴だった事を思い知らされました。


久しぶりに歩いた淀川右岸の法面に群生していました。


岡山城近くの石垣で見つけた時はパラッと咲いていたので希少な雰囲気でしたけどこの群生はやはり帰化植物の逞しさが出ていますね。



マツバウンラン(松葉海蘭、学名: Nuttallanthus canadensis)は、オオバコ科の一年草または二年草。葉の形が松葉、花がウンラン (Linaria japonica) に似ていることからこの名がついた。

形態
高さは20-60cmで、先端に紫色の花をつけ、下の方に細長い葉をつける。花期は4-6月。

分布
北アメリカ原産の帰化植物。日本国内では本州、四国及び九州に帰化し、日当りの良い場所に生える。

その次に見たのは


スイバか?ギシギシ?どちらがどうなのか?すっかり忘れています。





こちらはアカツメクサですよね。鶴見緑地ではあまり見かけないみたいですけどね。


こちらはセンダンでしょうか?


コンクリートの隙間にズラッと並んで生えていました。この逞しさは真似出来ないですが、頑張れ!と応援したくなります。

久しぶりに淀川に出ると開放感で気持ちも晴れます。ヒバリの鳴き声がして振り返ると地面で囀っていました。2羽いたので、恋話していたのかな?
邪魔しないように撮影もせず遠ざかりました。友人のSammyと合流して美人ママの小さな喫茶店でコーヒーにパンや手作りジャムにハルミオレンジまで頂きほっこりな時間が持てた月曜の歩きは4万歩超えのロングウォークでした。

« オオアマナ(スターオブベツレヘム)も知りました | トップページ | 大木に惹かれて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お元気ですね。4万歩ですか‥すごいな!

スイバかギシギシか迷いますね。葉っぱで区別できるらしい・・です。
どっちがどっちだったかを忘れてしまうお粗末さですが・・
スイバの葉は茎を抱くそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淀川右岸の散策:

« オオアマナ(スターオブベツレヘム)も知りました | トップページ | 大木に惹かれて »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30