« ハナミズキやツキヌキニンドウが咲いて | トップページ | モッコウバラにカロライナジャスミンを思い出せました »

2017年4月23日 (日)

キュウリグサも可愛いい

オオイヌノフグリは見つけられるようになりましたが、とんぼさんのメールで『イヌノフグリ』を見たけど写真を撮れなかったと来て『イヌノフグリ』を探していたらこんな物が目に入ってきて、『みん花』で教えて頂きました。『キュウリグサ』とね〜。これを見て以前にも教えて貰った事を思い出しました。2度もお世話になるなんて恥ずかしいですよね〜(涙)


セルカレンズでアップにすると可憐な感じですね。


花が重ならないように咲いています。


スマホで撮るとこんな感じです。

今度、しっかりと揉んでみて胡瓜の香りを楽しみ、名前を覚えたいと思います。


キュウリグサ(胡瓜草)

開花時期 3~5月
花の色 青、紫
名前の読み きゅうりぐさ
分布 北海道から沖縄 海外では、アジアの温帯に広く分布する。 ムギ類と一緒に入ってきた史前帰化植物と考えられている。
生育地 野原や道端
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 10~30センチ
分類 ムラサキ科 キュウリグサ属
学名 Trigonotis peduncularis
花の特徴
ムラサキ科の特徴で花序の先が曲がる。
これを「サソリ型花序」と呼ぶ。
花径2~3ミリくらいの淡い青紫色をした小さな五弁花を上向きにつける。
花の中心は黄色くなっている。
葉の特徴
根元の葉は卵形で、柄がある。
茎につく葉は長い楕円形で、やはり柄があり、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。

その他
茎や葉を揉むと胡瓜(キュウリ)に似た匂いがするというのが名の由来である。
若い茎や葉は山菜料理にも利用される。
別名を田平子(タビラコ)ともいう。
しかし、キク科の小鬼田平子(コオニタビラコ)も田平子(タビラコ)と呼ぶことがあり、混同しないように注意が必要である。
属名の Trigonotis はギリシャ語の「trigonos(三角)+ous(耳)」からきている。実の形から連想したものと思われる。
種小名の peduncularis は「花柄のある」という意味である。

« ハナミズキやツキヌキニンドウが咲いて | トップページ | モッコウバラにカロライナジャスミンを思い出せました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

キュウリグサが本当にキュウリのにおいがするか❓試したことがなかった・・・

とんぼさんいつもコメントありがとうございます。
私は試すどころか名前も忘れていましたので、匂いを嗅いで嗅覚で覚えようかなぁ?と思っています。鼻も鈍くなっていますけどね〜(涙)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キュウリグサも可愛いい:

« ハナミズキやツキヌキニンドウが咲いて | トップページ | モッコウバラにカロライナジャスミンを思い出せました »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30