ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

« クヌギカメムシとヨコヅナサシガメ | トップページ | 鶴見緑地のサクラ情報 »

2017年4月 3日 (月)

寒緋桜でした(涙)

3月8日の『オカメザクラが咲き始めました』に投稿した最後のサクラを『ヨウコウザクラ』と書いてしまいましたけど、間違いでした。本当は『カンヒザクラ(寒緋桜)』でしたね〜。去年覚えていた筈なのに一年で忘れるなんてね〜。




もう一度その時の写真を貼ります。下向きに筒状の花が数個ずつぶら下がっているのですから間違う筈はないのにすっかり忘れていました。
今日、天保山でヨウコウザクラを見て、アレッと思って検索してやっと辿り着きました。
いつもの鶴見緑地のヨウコウザクラを見て色違いがあるのかなぁ?と思っていました。恥ずかしい限りです。


こちらは鶴見緑地のヨウコウザクラです。


メジロを追いかけて花を見ていなかったみたいですが、この違いが分からないようでは自然観察も失格者ですね〜

カンヒザクラ(寒緋桜、
バラ科サクラ属の植物。サクラの原種の一つ。旧暦の正月あたりに咲くことからガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもある。別名ヒカンザクラ(緋寒桜)、タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言う。ヒガンザクラ(彼岸桜)とは異なる。

特徴

落葉喬木で、葉は単葉互生。葉は秋になると紅葉する。

釣り鐘状の花が特徴で、学名の種小名 campanulata は「カンパニュラの様な」と言う意味で、キキョウ科ホタルブクロ属(Campanula、カンパニュラ)の花が下向きに咲く所になぞられて名付けられた。中国語でも「鐘花櫻花」と呼ばれる。花の色は白から濃い桃色まで様々の個体差がある。おおよそ1月から3月にかけてが開花期となる。花の大きさは1.5~2.5cm程度。樹高は5m程度。この早咲きの特性と、下向きに花が咲く特質が、他のサクラと交配した時に影響を与え、各地で優秀な園芸品種が出来ている。その中でも有名な物は、このサクラとオオシマザクラの自然雑種、サトザクラ「河津桜」が近年、有名になり観光名所に植えられている。

« クヌギカメムシとヨコヅナサシガメ | トップページ | 鶴見緑地のサクラ情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カンヒザクラは比較的早く咲きますね。ヨウコウザクラも色が濃くて美しい桜ですね。ソメイヨシノよりは早かったような記憶がしますがどうだったのかな?

そうですね。カンヒザクラは先月の始めには咲き始めていましたが、緑地のヨウコウザクラはまだまだだったので変だな?と思っていましたが、魂はハチジョウツグミに奪われていましたからね〜
2つの事が追いかけられない単細胞です。(涙)
緑地のヨウコウザクラは今日辺りが満開な感じです。天保山でもかなり咲いていました。
ソメイヨシノは2、3分咲きって感じですからソメイヨシノよりも一歩早い感じですね。これも来年まで覚えていられるかなぁ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2048584/70136864

この記事へのトラックバック一覧です: 寒緋桜でした(涙):

« クヌギカメムシとヨコヅナサシガメ | トップページ | 鶴見緑地のサクラ情報 »