« アカギを習いました | トップページ | ハナミズキやツキヌキニンドウが咲いて »

2017年4月22日 (土)

オオカナメモチの花が満開です

鶴見緑地の南の入口から少し入った場所のテニスコートの南側の大きな植込みに白い花が咲いていました。


何年も通っているコースの少し脇にある木に初めて気づいて撮りました。

奥には赤い葉がチラホラ見えてホルトノキにも見えますが、見覚えがありません。


つぼみがビッシリと広がっています。もう少しアップすると


わからないままで緑地のいつものコースを歩いていたら、昨日投稿した『アカギ』の木の近くにも同じような木が見えました。


アカギを教えて貰ったついでにこちらも教えて頂きました。
『オオカナメモチ』だそうです。レッドロビンやベニカナメモチと近いらしいです。その方の話では、レッドロビンはこのオオカナメモチとカナメモチの交配で生まれたみたいです。ベニカナメモチは赤い若葉が出るカナメモチ類の総称らしく、レッドロビンは品質名らしいです。
とりあえず補足する為に解説を添付します。


カナメモチ(要黐、学名:Photinia glabra)は、バラ科の常緑小高木である。カナメモチという名は、扇の要に使い、モチノキ(黐)に似るためといわれる。別名としては、かなめがし、かなめのき、あかめもち、あかめのき、そばのき(花序がソバに似るためといわれる)などがある。

本州中部以南の暖地に生育。照葉樹林の低木である。

樹高は3 - 5m。葉は互生する。形状は両端のとがった長楕円形で長さ5~10cm、革質、縁に細かい鋸歯がある。柄は短い。若葉は紅色を帯び美しい。花は5月ごろに開花。枝先に径約10cm半球状の集散花序を出し、小さな白色の五弁花を多数つける。果実は球状で紅熟する。

庭木、特に生垣によく用いる。また、幹は硬く、器具の柄として利用される。



追記(4月23日)


落ちた葉を撮ってきました。主脈ははっきり通っていますが、そこからの支脈はかなり曖昧な感じです。
つぼみだったのもかなり開いて満開状態でした。



« アカギを習いました | トップページ | ハナミズキやツキヌキニンドウが咲いて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤い葉っぱになるのが
カネメモチだと思ってました
カナメモチに
オオカナメモチ・シマカナメモチ・ベニカナメモチがあって

レッドロビンって 赤いコマドリと思ってたら
オオカナメモチとカナメモチの交配種

もう頭が
カナメモチ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオカナメモチの花が満開です:

« アカギを習いました | トップページ | ハナミズキやツキヌキニンドウが咲いて »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30