« アーモンドフェスタの続き | トップページ | 桜が開花 »

2017年3月22日 (水)

ハクチョウゲの花は?

職場で見つけたネームプレートのハクチョウゲに惹かれました。


白鳥に因むのかなぁ〜と膨らみました。見たことありそうな葉です。

でも名前はおぼろげな感じです。


検索すると全く白鳥さんとは関連ないとのこと。でも花の写真を見たらやっぱり見てみたい花です。

そのまま、散策していると、ホトケノザやヒメオドリコソウやオランダミミナグサなどが元気に開花していました。
隅っこの方にこんなのも見つけました。


見事な後ピンですけどね〜。春が感じられる職場です。

ハクチョウゲ Serissa japonica

分類
目 : リンドウ目 Gentianales
科 : アカネ科 Rubiaceae
亜科 : アカネ亜科 Rubioideae
連 : ヘクソカズラ連 Paederieae
属 : ハクチョウゲ属 Serissa
種 : ハクチョウゲ Serissa japonica

園芸品種 フイリハクチョウゲ

ハクチョウゲという和名の由来は、その花が丁字型の白い花を付けるところから来ていて、白鳥とは関係がなく、単なる当て字である。

形態・生態
花期は5 - 7月頃であるが、西日本の暖地では秋の気候の良い時期にも開花することがある。

緑葉の基本種で薄い藤色の一重花、緑葉で純白色の一重花、一般的な覆輪斑入りの物も、白花と藤色花の個体が散見される。また、白花個体の中から選抜されたポンポン咲きもあり、この品種はカスミソウのように沢山花をつける。英国では 'Flore Pleno'、'Kyoto'、'Mount Fuji'、'Variegata'、'Variegata Pink' などといった園芸品種名の付けられた選抜個体がある。なお、日本国内の個体との相関関係は不明。

人間との関わり
常緑低木として、低生垣や庭木としてよく栽培される。強い刈り込みにも良く耐え、細かい枝が容易に分岐し、病虫害にも耐性がある。また、造園での修景用緑化灌木・盆栽・園芸などで扱われる。挿し木で繁殖させることが容易な部類に入る。刈り込み仕立てが普通だが、自然樹形仕立てにすることもある。

« アーモンドフェスタの続き | トップページ | 桜が開花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

二枚目の葉っぱからは私の知っているハクチョウゲには見えないのですが・・・
ジンチョウゲかコショウノキの葉っぱに似ているように見えます。
ハクチョウゲにも葉っぱの多きものがあるのかなぁ・・・

早速にありがとうございます。
私には全く同定出来ないものですが、コショウノキを検索するともう花が咲いているようですが、こちらはまだ蕾も見えていませんでした。職場のあちこちに散見出来ますがどれも同じような感じです。これもまた宿題になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハクチョウゲの花は?:

« アーモンドフェスタの続き | トップページ | 桜が開花 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31