« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月に作成された記事

2016年3月31日 (木)

アケビつながり

先日、友人からミツバアケビの苗を分けますよと連絡あったので、思わず欲しくと連絡しそうになりました。
そんな後で、緑地に向かう途中のミニ公園脇でアケビの花を見つけました。




じっくり見るのは初めてですが、良く見ると2種類の花がありました。


こちらは一回り大きな花は雌花でしょう。何となく雌しべが色っぽい感じですね(笑)


こちらは雄花でしょう。小さいのが5輪程まとまって咲いています。数でぶつかっている感じは人間界も同じかなぁ〜?


葉は三つ葉ではありませんね。


つぼみも可愛いいでしょう。
秋に向けて結実を期待しています。

2016年3月30日 (水)

草イチゴも満開状態



こちらもほぼ満開状態でした。ウォーキングの途中で2、3個ずつ頬張っている草イチゴですが、花も綺麗ですよね。


よく見ると花は上向きは少なく、横や下向きに咲いてる感じです。しかし、花びらが散った後は上向きや横向きに結実していくようです。


下の雄しべと上の雌しべの集まりが結構面白いですね。


赤い大きな実をつけてね〜とお願いしながら後にしました。

鶴見緑地の名物



鶴見緑地の名所のひとつがこの風車とその下のチューリップです。


こちらは早くに咲き出していましたので、そろそろ終わりかなぁ?と思っていましたけど、まだ大丈夫です。咲き揃う頃にボチボチ咲き出した黄色がだいぶ咲き揃ってきましたので、一緒に見られてホッとしました。

始めの赤白はチューリップには珍しく花の下が短く、矮小種かなぁ?と思っていましたが、どうやら花が開いてから伸びたようです。鼻の下が長いのは問題ですが、チューリップは長くないとちょっと違和感ありますよね〜。一緒に菜の花も満開です。

アカガシワの林で



切り倒されたアカガシワの切株で作業していました。
道には作業車がこんな看板を出していました。


どんな作業をしていたのでしょうか?
問題にしておきますので、分かったら コメントくださいね〜



アカガシワのナラ枯れみたいに虫喰いで倒木の危険回避の為にたくさん切り倒されましたが、その切株をラップ状の物でグルグル巻きにしていました。中にハエ取り紙みたいな粘液の付いた物を巻いてその上をラップで巻いて虫退治していました。まだ少しアカガシワが残っているので被害の広がりを食い止める作業でした。
残りのアカガシワが生き残るのを願います。

寂しくなった大池の水鳥



あれほど賑やかだった鶴見緑地の大池の水鳥がすっかり減って30羽程になりました。オナガガモは4羽程、オオバンが5、6羽程で残りはヒドリガモでした。それが結構ペアになっていました。ペア成立して北帰行するようですが、逸れないのだろうか?と気をもみながら眺めていました。


残りはコサギとアオサギが大きな顔していました。


セイヨウヒイラギの花が咲く

クリスマスホーリーとも言われているセイヨウヒイラギの花が咲いていました。


年末にはクリスマスリース作りの材料に赤い実や緑の葉を失敬していましたけど、先月辺りに赤い実が見事に無くなっていました。鳥が食べたのでしょうか?
それなのにもうたくさんの花をつけていました。



良く見ると丸いつぼみがズラッと並んでいます。そして、

開花していました。少し匂いもしました。ハチやハエなども集まっていましたので、蜜を求めていたのでしょうか?

2016年3月29日 (火)

トキワガマズミを教えて貰いました

昨日兄の介助の帰りに川西市の花屋敷辺りの住宅の門の前で見かけました。例によって『みんなの花図鑑』の名前募集に投稿したら、すぐに教えて貰いました。感謝です。



肝心のアップの写真は後ピンでしたけどね。


全体はこんもりとまとまっている感じで大きな門の前でマッチしていました。
検索するとつぼみが赤くビッシリある写真がありました。これは見たことあるような気がしていますけどね。山でガマズミも教えて貰った気もしますが、去年の事はすっかり雲の彼方です。(涙)
ビバーナム‥‥と名前がありそうですが、私の中ではトキワガマズミで十分です。




ビバーナム・ティヌス‘グエンリリアン’/常盤莢迷(トキワガマズミ)


ビバーナム・ティヌス‘グエンリリアン'(Viburnum tinus 'Gwenllian'/常盤莢迷 トキワガマズミ/
英名:Laurustinus 'Gwenllian')スイカズラ科ガマズミ(ビバルナム)属・耐寒性常緑低木(花12~4月頃・樹高2.5mくらいまで)地中海・ヨーロッパ南東部沿岸原産

ビバーナムは学名ですが、同じ仲間でお馴染みなのは
花を楽しむ「オオデマリ」や「ヤブデマリ」「テマリカンボク」など、こちらは落葉性、
実を楽しむ日本自生のいわゆる「ガマズミ」もビバーナム(ガマズミ)属の仲間です。
ティヌス‘グエンリリアン’も初夏には実を付け、
秋には光沢のある独特の青紫色に熟します。
実の色も環境やその年の気候で微妙に変わるのも面白いところです。

冬から春に咲く花は、鮮やかな房状の紅色の小粒のつぼみから、白い花を咲かせますからコントラストもとてもきれいです。
本来虫媒花なのですが、寒く虫の少ない時期に花をつけるので、もし実付きが悪ければ、筆などで花をなでて、人工授粉してあげましょう。
斑入り葉や白実の種などもあり、いろいろ楽しめるビバーナムです(^.^)

2016年3月28日 (月)

ヒサカキも分かった



3月12日に写真を撮って名前を探していましたが、竹切りの帰りに墓地の近くで見て、マサさんに教えて貰いました。小さい頃にお墓に供えていたのです。それもピッタンコでした。



雌雄異株とあるようですが、両性花もあったりして、まだ不明な点もあるようです。以下ネットからです。


ビシャコ、ビシャ、ヘンダラ、ササキなど別名が多い。

墓・仏壇へのお供え(仏さん柴)や玉串(「榊」が手に入らない関東地方以北)などとして、宗教的な利用が多い。これは、一説には本来はサカキを使っていたものの代替であるといわれる。名前も榊でないから非榊であるとか、一回り小さいので姫榊がなまったとかの説がある。
近縁種
ハマヒサカキ
属にはこのほかに日本に8種(変種を含む)が知られる。多くは南方離島産のものであるが、ハマヒサカキ(Eurya emarginata (Thunb.) Makino )は海岸林に普通な小高木で、潮風や乾燥に強いことから街路樹として用いられることがある。

2016年3月26日 (土)

カロライナジャスミン

大阪城公園の森之宮口の植木市に向かう途中の出会いのもうひとつにカロライナジャスミンがありました。勿論途中で花を見ましたが名前は分かりません。植木市で偶然見つけて分かりました。

思わずテキストを書き込みました。
ところが、今朝、瓢箪山駅に向かう途中の昭和町辺りの道路のフェンスにズラッと咲いていました。


それで思わず書き込みました。

トックリキワタの冬越し成功



咲くやこの花館で頂いたトックリキワタが去年発芽して40センチくらいに育ったのを冬越しさせようと室内に入れて、給水を控えて月に1回程度にしていました。途中、葉がじわっと青から薄くなって枯れていってましたが、今月には青い葉が皆無になった頃小さな芽が出てきました。そのてっぺんが葉らしく広がってきました。大小4本がちょっと窮窟そうなので植え替えないといけないですね。


ずぼらでもうまく冬越し出来たのですからきっと丈夫な植物なんでしょうね。もうひとつのパッションフルーツは去年は失敗していましたが、一緒に種まきしたのが一年遅れで発芽したのを去年一緒に室内に入れて、植物観察の師匠に冬は水遣りを控えるようにアドバイスして貰ったのでそうしていたら、何とか一本は耐えたみたいです。水遣りを控えるなんて残酷そうですが、植物にも冬眠することがあるのでしょうかね〜。
ずぼらな私には久々の大ヒットです。(笑)

明星桜も咲いた

花博記念公園の鶴見緑地にひっそりとある記念碑と標示。

数年前に気づいて気になり時折眺めていました。先日は咲き始めていました。

今は閉まっているいのちの塔の西側に植えられています。佐賀県伊万里市から750キロを駅伝リレーして届けられたようです。根元近くにある記念碑にそんな記述がありました。



歴史のある桜は大事にしたいものです。伊万里市出身の先輩にはお世話になったので少しでも恩返しできるように大切に見守りたいと思います。


2016年3月23日 (水)

コヒガンザクラが満開

今日は昔の仲間との愉しい会食です。その前に茨木まで歩いて元茨木川緑地の桜通りの中で一本だけありました。

名前の通り小ぶりな花がとても可愛いいです。






前の安行桜は満開を過ぎていました。ソメイヨシノもチラホラ咲いて開花宣言出来そうな木が数本ありました。桜まつり用のぼんぼりや提灯の配線作業が行われていました。また、盛りに来れるといいなぁ〜

2016年3月22日 (火)

ベニバスモモとベニスモモ

森之宮の大阪城公園の花がラジオで話題になっていたので確かめに行ってきました。桜と間違い易いので毎年この頃に話題になっています。

私的には『ベニバスモモ』と覚えていたのですが、『ベニスモモ』と言っていたのでね〜
ネームプレートには手書きでベニバスモモとありました。

番組に投稿しようと思いましたが、調べてみたら同じみたいです。



やはり赤茶色の葉が特徴なので、私的には絶対に『ベニバスモモ』の方がすっきりするのですけどね〜。

折しも開催中の植木市にも中国語が飛び交っていました。滅多に行かない南口から大阪城に向かうとそこには団体客の行列が出来ていました。春節が終わっても衰えない感じです。植木市の開花した陽光桜や階段下の小さなアーモンドの花が人気で盛んに撮影されていました。

鬼あざみでいいのかなぁ?

今月初めのプチ観察会でも見かけたけど、アザミの仲間やね?とスルーしていましたが、また出会ったので頭に浮かんだオニアザミで検索するとピッタンコな感じです。よく通る道にあって夏に花も見ていたので間違いないと思います。

先月にはもっと大きな株を更地になった宅地で見つけたのですが写真が見つかりました。

また花も追加したいと思いますが、瓢箪みたいに2段になった感じが面白いですよね〜。
庭石菖もそうですが、フェンスの近くは除草されにくいみたいで大きく育っていますね。

2016年3月21日 (月)

ハーデンベルギアに気づきました

今日は朝のラジオで話題になったベニスモモを確かめに森之宮に向かいました。途中で出会ったら花です。


一軒目で気になりましたがスルーするとまた出会いました。写真を撮らせて貰いました。




マンションの外周に植えられていました。ツル性で藤みたいです。


ところが3番目に出会ったのは花が白く鉢植えでした。ちょうど主人が他の木を剪定されていたので撮影の許可を得て少し話を聞いたら、栽培して10年くらいだそうです。名前はハーデンベルギア


とありました。疑問から解決まで1時間足らずの即決で気持ちのいい朝になりました。


ハーデンベルギアとは
ハーデンベルギア 白花
オーストラリア東部、タスマニアに3種が分布するつる性の常緑樹です。日本で栽培されているのはハーデンベルギア・ヴィオラケア1種で、「ハーデンベルギア」というとこの種を指すことが多いです。ヴィオラケアは「すみれ色の」という意味で、花色に由来します。
つるを他のものにからませながら伸びていき、長さ2m~3mになります。葉は革質で厚く濃緑色、細長い二等辺三角形のようなかたちをしています。マメ科の植物はいくつかの小葉に分かれた「複葉」が多いのですが、ハーデンベルギアは小葉に分かれない1枚の「単葉」なので、ヒトツバマメ(一つ葉豆)の和名があります。
葉の付け根から花茎を出し、数十輪の小さな花を穂状に咲かせます。咲いた姿がフジに似ているので、コマチフジ(小町藤)の別名があります。花は蝶のような形でスイートピーやエンドウに似ています。基本種の花色は紫ですが、白やピンクもあります。花後に細い線形の鞘を付け、熟すと中に数個の豆(タネ)ができます。ハーデンベルギアの名前は人名に由来します。

2016年3月17日 (木)

陽光桜が開花

久しぶりの暖かさにバイクで茨木辺りを回って安行桜を見た帰りの鶴見緑地を通ると陽光桜の下で花見が始まっていました。よく見たら数輪咲いていました。


愛媛の教師の大先輩が戦場に教え子を送り出して無事の帰還を願いながら作り上げた桜と聞けば、余計に心うつものです。今年は一層想いを込めて花見したいと思います。平和のシンボルとして見守りたいですよね〜



追伸 2016.3.18.
今日行ったらもう少し咲き出していました。




ヒメリュウキンカだそうです



数日前に遊歩道のウンナンオウバイの根元で見つけた黄色い花を「みんなの花図鑑」に投稿して名前を尋ねていたら「ヒメリュウキンカ」と投稿がありました。嬉しいですよね〜。教えて頂いたのはこれで二つ目です。
ラナンキュラスの仲間らしいですね〜。






ネットで調べたら以下の記述がありました。

ヒメリュウキンカ 
科名:キンポウゲ科
学名:Ranunculus ficaria
原産地:イギリス
草丈:5cm-10cm
開花期:3月~5月
栽培難易度:やさしい)

ヒメリュウキンカとは
漢字を当てると「姫立金花」、山野の湿った草原や川沿いの林床など湿り気のある場所に自生します。大元のふるさとはイギリスですがヨーロッパからシベリアにかけて広く分布している野草です。葉は暗緑色のハート形、春になると花茎を伸ばして表面に光沢のある3~4cmの黄色い花を次々と咲かせ、長いものでは1ヶ月ほど花を楽しむことができます。花後はタネができ初夏には葉が枯れて地中に根茎を残して夏の間は休眠に入ります。
基本種の花色は黄色ですが変化が多く、花や葉の異なる変種を選別して栽培したり、品種改良によって花色や大きさ、咲き方の違う多くの品種が存在します。
球根や鉢花として出回っているラナンキュラスとは同属の仲間、というかヒメリュウキンカもラナンキュラスの一種です。
日本に自生しているリュウキンカは同じキンポウゲ科ですが属が違います。また、キンリュウカという植物も存在しますが、こちらは東南アジアに分布するキョウチクトウ科ストロファンツス属の花木(→参考:ストロファンツス・プレウシー)で全く関係ありません。

追伸 2016.3.18.
今日、もう少しはっきりした花の写真をと思って撮りました。


その後、緑地から西に向かって城北川に出た角の地域集会所の花壇に植えられていました。


去年フキの葉と一緒に花を見てフキの花が今頃咲くのかな?と思っていたのを思い出しました。この写真はもう一か所の物です。それから歩いて城北公園に向かう途中には玄関先に鉢植された花を見つけました。気がつくとあちこちで見かけるものなんですね。

安行寒桜を見て来ました



やっと春らしい陽気の予報に気持ちが弾んで、先日友人から教えられた安行桜を見に行って来ました。7時過ぎに家をバイクで出て茨木市の元茨木川緑地に向かいました。沢良宜公園でカンヒザクラと一緒に咲いている白っぽい桜を見て「何て桜だろう?」と名札を探しました。もう少し進むと名札がいっぱいあるのは知っていたので先に進むとありました。

こんな名札が付いていました。しかし、木の勢いはなくて枝ぶりも少なめで、侘び寂びの世界に通じる気がします。

花は、カンヒザクラと同じようにひっそりと下向きに咲いていますが、色は緋色が薄くなってソメイヨシノに似た雰囲気でした。でもネットで調べたら、思ったよりも緋色が濃くてソメイヨシノとは少し違うようです。こんな所にも私のいい加減さが出ていますが、アップも撮りましたので比較してみてください。



埼玉の川口市の安行にある密蔵院にたくさんあるようで、名所になっているようです。遠いなあ‥‥


ネットからです。

安行桜は染井吉野よりも一足早く満開を迎えます。沖田桜とも呼ばれる安行桜はピンクの色彩がやや濃く、花が少し小ぶりで、遠景ではやわらかいイメージに映ります。密蔵院では数十本の安行桜が境内の要所に植林され、早春に美しい景観を楽しむことができます。春のお彼岸に早咲きの安行桜が満開になるので、多くの参拝客で賑わいをみせます。

2016年3月16日 (水)

ベニバナトキワマンサクも開花



鶴見緑地の地下鉄からの入り口の右側にあるプチ駐車場の近くに植えられているベニバナトキワマンサクが一本だけ咲いていました。



マンサクの名前からも花の様子はマンサクそのままですよね〜。家の近くのミニマンションの角にも植えられていて通る度に名前を思い出すのに時間がかかりましたが、ようやく覚えられたのかも?った感じです。
こちらはそのつぼみの様子です。


以下はネットからです。

ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作) とは、中国原産でマンサク目マンサク科トキワマンサク属の耐寒性常緑小高木 「トキワマンサク(常盤万作)」の変種の紅花品種です。
木立姿は分枝が多い。 葉は単葉の卵形で毛が密生した光沢性のある皮質です。 葉は互生につき、葉縁には鋸歯がありません。 若葉は赤紫色で成長と共に緑色に変わる青葉種と、紅色を保つ紅葉種があります。
春に、鮮紅色で光沢のあるビニールの細紐状の花を集合させて咲かせます。 花の感じがユニークです。 花は、長さ2~5cmの花弁が4枚つく4弁花で、雄蕊も4本あります。 3~5個の花が集合し、小花序を形成します。花には微香があります。
花後になる果実は朔果で倒卵形をしており晩夏~初秋に熟します。 朔果の中に黒い長卵形の種子が入っています。

陽光桜がもうすぐです

河津桜に続き、オカメ桜が満開で、カンヒザクラ(ヒカンザクラ)に続いて陽光桜が咲き出そうとしています。

つぼみが膨らんで赤い色が出てきています。今にもパッと開きそうな感じです。



こちらも産み出された経緯には心うつものがあるようで映画化もされているようです。
先日、友人に安行桜の事を教えて頂けたのでその話と重なる気がします。安行桜もまだ見ていないのですけどね〜
以下はネットからです。


陽光桜(ヨウコウザクラ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
「里桜」の天城吉野(アマギヨシノ)と寒緋桜(カンヒザクラ)との交配によって作出された。
作者は愛媛県の高岡正明さんである。
元教師だった高岡さんは、送り出した教え子たちが戦場に散ったことを悼む鎮魂の旅に出た沖縄で寒緋桜(カンヒザクラ)と出会い、この桜が生まれることにつながったという。
改良25年にして作出された陽光桜(ヨウコウザクラ)を、作者は「平和のシンボル」として各地に贈り続けた。
樹高は5メートルから8メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉の表面は濃い緑色で艶があり、毛は生えていない。
葉の裏面は淡い緑色で艶はなく、葉脈上に毛が生える。
開花時期は3月から4月である。
染井吉野(ソメイヨシノ)よりも少し早く咲く。
一重咲きで、寒緋桜(カンヒザクラ)の紅色が残されている。
花径は4、5センチくらいある大輪で、3、4輪が下向きにつく。
別名を紅吉野(ベニヨシノ)とも言う。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。

アーモンドが咲き始めて

鶴見緑地に数年前から植えられているアーモンドが今年も咲き始めました。20本くらいからスタートしてその後も5本ずつ増植されてらしくなって来ました。


ご覧のようにまだ若木なので枝ぶりもないですが、去年は数個の実も見られました。

花は桃に近いのかなぁ? 神戸のナッツ類の会社のアーモンドが満開になると一般公開しているようですが、まだ行けていません。今年はどうかなぁ〜?


2016年3月13日 (日)

ど根性のスミレ

万博公園の往復で通った豊里大橋の南端から降りた歩道沿いに咲いていました。ぎっしりのスミレです。小さい頃、田んぼの畦道で見つけては引き抜き、自宅で育てていましたが、余り上手く育てられなかったみたいです。今も育てるのは苦手で枯らしてばかりです。珍しくアロエの花を咲かせた事がありましたが、アロエは世話しない方が良く咲くと後で知りました(涙)


どうですか?あのか弱いスミレがこんな過酷な状況でしっかりと咲いていました。しかも他の雑草を押し退けてですよね〜。こうした道端の逆境の中で生きる草花に惹かれるのです。

カンヒザクラはヒカンザクラ

ABCのラジオ祭り(スプリングフェスタ)に友人と行くつもりで連絡すると奥様と行かれると言うことで現地で合流すべく、歩いて向かいました。3時間ちょっとで辿り着いて、昼飯を食べたら眠たくなって友人を待ち切れず帰路につきました。途中で見かけた桜です。


JR岸辺駅は大改装されて北口にはこんな感じでカンヒザクラが満開でした。ネットで調べたらヒカンザクラとも言うみたいですね。台湾桜とも言うようで、前に行った台湾で見かけた桜がこれだったのかもしれません。その頃は植物への関心がなかったので記憶も曖昧です。
緋の字がぴったりの濃い赤は印象的ですね。数年後には桜の名所になっているかもね〜

ーーーーーー ーーーーーーーーーー ーー
ヒカンザクラはバラ科サクラ属の植物。サクラの原種の一つ。旧暦の正月あたりに咲くことからガンジツザクラと呼ばれることもある。また、カンヒザクラと呼ばれることも。別名タイワンザクラ、ヒザクラとも言う。 ウィキペディア

2016年3月11日 (金)

アカシアとミモザ

黄色い花が目立つ春先です。



これは名札が付いているので大丈夫でしょうか?
アカシアです。


ところが、良く似た花が別の場所にあります。






こちらはミモザではないか?と思っていました。
葉を比べたら明らかに違います。


右がアカシアで、左が後述のミモザ?としておきます。
銀葉アカシアと言うのもあるようですけどね〜
どなたか教えて頂けたら嬉しいです。

アンズが咲いた

震災5周年の今日3月11日。
久しぶりの鶴見緑地はすっかり春らしくなっていました。

楽しませてくれた河津桜は葉桜になりだしていました。まだ、乗馬苑の東の幼木はまだ見られる感じでした。


アンズの鮮やかなピンク色が目を引きました。丁度通りかかった知人の話によると数日前に一輪見かけた次の日にはドバッと咲いていたと興奮して語ってくれました。
アップの写真も撮りました。



つぼみもビッシリです。この内に実が出来るのはいくつでしょうか?

2016年3月 3日 (木)

ジョウビタキが接近

山田池公園での観察は探鳥がメインでしたので、池の周りを最初に歩きました。双眼鏡も高倍率のカメラもないのですからお喋りして皆さんには迷惑をかけてばかりでしたが、重いスコープを担いで来てくれたハシ君とそのスコープを手速くセットしては見せてくれたシバちゃんのお陰で、たくさんの珍しい鳥を見せて貰えました。
本当に感謝しています。そろそろ買わないといけないのですが、高倍率カメラにするか迷いながら未だ決められずです。(涙)
しかし、紅葉谷では、ジョウビタキやルリビタキのメスが人を恐がることもなくてかえって寄ってくる感じでした。通りがかりの人が餌付けしてると教えてくれました。道理で‥‥と納得しました。


スマホでこんな感じに撮れました。カワセミも結構近くで何回も見られました。


こちらはさすがにちょっと遠いかなぁ? 岩の上に止まってエサを探しているみたいです。小魚を捕食する様子も見られました。山田池公園の魅力を再認識しました。

2016年3月 2日 (水)

アカバナマンサクもあった



花の盛りを過ぎたマンサクの花と並んでいた赤い花が咲いていました。黄色いマンサクしか見ていなかったのです。一緒した観察会仲間の8人も珍しがっていたので、宿題にしましたが、赤いマンサクで検索するとあっさりヒットしました。もう少し前の勢いのある時に見たかったです。枚方の山田池公園の梅林の近くにありました。


細長いリボン状の花びらが4枚が踊るように咲いている様は色違いのマンサクそのものです。


セルカレンズでマクロ撮影している間に、セルカレンズの話題になり、得意げに喋る間にマンサクの花のマクロ撮影を忘れてしまいました。雄しべの感じが違うとの声もあったのですけどね。私らしいドジです。その時も話題になったアカバナトキワマンサク(紅花常盤マンサクとも言う)やトサミズキやヒュウガミズキも仲間らしいです。仲間にミズキの話を聞かれたのにきちんと答えられず残念でしたけど、帰りにつぼみを見つけましたので付録に載っけますね〜


もう少しで咲きそうですが、どちらのミズキかは分からないです。(涙)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31