« ルコウソウを遂に発見‼️! | トップページ | クチナシの実 »

2015年11月19日 (木)

マムシグサの種子

美味しそうな色ですね。先日のイベントで見た物です。山道沿いで見かけた時は「カエンダケでは⁇」との冗談も聞こえましたが、そっと持ち帰ると他の班の子がもっと綺麗なこれを持っていたので写真を撮らせて貰いました。
昼飯前だったこともあっていたく食欲が刺激された一枚でした。

マムシグサというちょっと怖い感じのネーミングですが、花なども面白いので気になりますよね〜。

以下はネットからです。

関東地方以西~九州の湿った林内に生える。偽茎には紫褐色の斑点がある。葉は2個つき、小葉は7~15個。仏炎苞は淡緑色~淡紫色で白いすじがあり、舷部は長くのびる。花序の付属体は直径6~7mm。果実は赤く熟す液果。 花期は4~6月。(野に咲く花)
学名 Arisaema spp.
サトイモ科テンナンショウ属
同じ仲間にコウライテンナンショウ、ホソバテンナンショウ、アオテンナンショウなどがあるるが、地方的な変異も多く、ここでは分けずにマムシグサとしている。



« ルコウソウを遂に発見‼️! | トップページ | クチナシの実 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マムシグサの種子:

« ルコウソウを遂に発見‼️! | トップページ | クチナシの実 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31