« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月に作成された記事

2015年11月27日 (金)

オオイタビに出会えた!!

先日、枚岡に向かい石切神社の南を上りにかかる途中の公園のフェンスに懐かしい植物を見つけました。ツル性で石垣にもへばりついて育つ逞しさでイチジクみたいな実をつけて、食べた記憶もあります。
本当に昔は色々食べていたなぁ!と感心しながら、食いしん坊な自分が頭をもたげていて、残りがこのオオイタビだったのです。勿論、この名前は知りませんでした。昔、なんて呼んでたのかも思い出せません。つる植物で調べていたら、辿り着きました。多分、これだと思います。もちろん近い仲間にイタビカズラと言うのもあるようですから、確定は出来ませんけどね。ただ、写真の実と私のおぼろげな実とは少し違う気がしますけどね。雌雄異株で雌株の実が食べられるみたいなので、写真のように中央に突起があるのは雄株の実なのかもしれません。でもこの実は女体を想像させる気がしますけどね。
図鑑には、『しばしば人家の石垣にまでびっしり生えて広い面積を覆う。暖帯、それも海からほど遠からぬしるし。南国の潮の香り漂う植物群である』とありました。鹿児島の海辺の実家がそのままの表現だったのにも惹かれました。裏の石垣に幼いつるがびっしりだったのも思い出せました。成木の葉っぱとは随分違う感じです。もう少し観察を深めたいです。




以下は例によってネットからです。

オオイタビ(大崖石榴)

常緑つる性木本
千葉県以西~沖縄の林縁に生える。枝から気根をだしてほかの木の幹や岩にはりつく。本年枝は褐色で短い伏毛が密生する。枝や葉を折ると白い乳液がでる。葉は互生。長さ4~10cm、幅3~5cmの楕円形または広楕円形。先端は鈍く、基部は円形。全縁で、質は厚い。側脈は4対あり、主脈から30~40度の角度で分岐する。裏面は灰白色で、葉脈がきれいに浮きでる。葉柄は長さ1~2.5cm。はじめ短い伏毛が密生するが、のちにやや無毛になる。雌雄別株。葉腋に花嚢が1こずつつく。花嚢は球形または倒卵形で、雄と雌の花嚢は同形。柄は長さ5~10mm、褐色の伏毛が密生する。果嚢は長さ3.5~5cmの倒卵形。10~11月に紫色に熟す。花期は5~7月。(樹に咲く花)
学名は、Ficus pumila
クワ科イチジク属
オオイタビの葉には2型あり、成木の葉に比べて、岩に張り付いた幼木の葉は著しく小さく、側脈の角度は大きい。
幼木の葉によく似たヒメイタビの葉の裏面脈上や葉柄には開出毛がある。

2015年11月19日 (木)

クチナシの実

好きな花の一つにクチナシがあります。鹿児島の梅雨の時期に艶やかな芳香を放つあの純白の花が少年時代の想い出に強く残っています。初恋の頃とも重なるのかなぁ〜(笑)歩きの途中で見つけたら、近づき嗅いでいました。


流行歌でもひところよく口ずさみました。ただ、名付けの意味は分からずじまいでしたが、やっと分かりました。この実が黄色い着色材として利用されているのは昔に聞いた気がします。

くちなしとは、あかね科の常緑性低木で、6~7月に強い芳香をもつ白い花が咲きます。また、くちなしの実は、10~11月頃に赤黄色に熟しますが、熟しても口を開かないことから「くちなし」の名前がつきました。くちなしの実を乾燥させたものは、食品を黄色に染める着色料として、栗やさつまいものシロップ煮、きんとん、たくあん漬け、麺類、お菓子などに使われます。

マムシグサの種子

美味しそうな色ですね。先日のイベントで見た物です。山道沿いで見かけた時は「カエンダケでは⁇」との冗談も聞こえましたが、そっと持ち帰ると他の班の子がもっと綺麗なこれを持っていたので写真を撮らせて貰いました。
昼飯前だったこともあっていたく食欲が刺激された一枚でした。

マムシグサというちょっと怖い感じのネーミングですが、花なども面白いので気になりますよね〜。

以下はネットからです。

関東地方以西~九州の湿った林内に生える。偽茎には紫褐色の斑点がある。葉は2個つき、小葉は7~15個。仏炎苞は淡緑色~淡紫色で白いすじがあり、舷部は長くのびる。花序の付属体は直径6~7mm。果実は赤く熟す液果。 花期は4~6月。(野に咲く花)
学名 Arisaema spp.
サトイモ科テンナンショウ属
同じ仲間にコウライテンナンショウ、ホソバテンナンショウ、アオテンナンショウなどがあるるが、地方的な変異も多く、ここでは分けずにマムシグサとしている。



2015年11月14日 (土)

ルコウソウを遂に発見‼️!

ルコウソウを遂に発見‼️!
ルコウソウを遂に発見‼️!
秋が深まってきた11月に入って、モヤモヤしていた花の一つのルコウソウを見つけて大興奮でした。
前回辺りの四季彩々通りを東に抜けて恩智川の遊歩道の柵に野生化したのが巻き付いていました。必死に伸びる姿はその繊細な雰囲気からは想像出来ない逞しさを感じました。前に投稿したルコウソウの葉には違和感がありましたが、これは小さい頃に見たそのままのルコウソウでした。
荒れ地の並みいる逞しい雑草に負けずに頑張っている姿に拍手です。

白式部でしょうか?

白式部でしょうか?
白式部でしょうか?
疑問形が続きますが、前回の銀木犀ともほぼ同じ場所で見つけたこれは『シロシキブ』で良いのでしょうか?
紫式部やコムラサキシキブとよく似た雰囲気で、実の色が違うだけな感じです。

2015年11月12日 (木)

銀木犀でしょうか?

銀木犀でしょうか?
銀木犀でしょうか?
東大阪市と大東市の境界辺りの小川を整備した四季彩々通りを久しぶりに歩いて見つけました。金木犀が終わっていますが、咲き始めの白い花が目に入りました。
銀木犀かも?と撮影しました。葉の一部がヒイラギっぽいとんがりになっていたので、その辺を検索してぴったりな気がします。
他にも二種類程の植物を見ましたが、分かりませんでした。ボチボチと同定していきたいです。


追加
やっぱり銀木犀ではなかったようです。先日、雨の中を歩いて見つけたのが次の写真です。






これがまさしく銀木犀ですよね。葉っぱが金木犀にそっくりだったので間違いないと思います。また、この木の隣にヒイラギが並んで置いてありました。まさに私に『これだぞ!お前が迷ってたのは!!』と示しているみたいでした。ありがとう。
雨の中の歩きがパッと晴れた一瞬でした。
2015.11月27日追記

2015年11月 5日 (木)

ブニノキの実を食べてみたいな!

ブニノキを食べてみたいな!
久しぶりに鶴見緑地のさくやこの花館で見つけました。ブドウみたいな房になって色づいていました。帰って検索したら、食べられるとありました。食いしん坊の私はやっぱり食べてみたいなあ・・・
検索の内容をコピペします。 久しぶりに鶴見緑地のさくやこの花館で見つけました。ブドウみたいな房になって色づいていました。帰って検索したら、食べられるとありました。食いしん坊の私はやっぱり食べてみたいなあ・・・
検索の内容をコピペします。



ブニの木(ブニノキ)はトウダイグサ科ヤマヒハツ属の常緑高木である。
原産地はフィリピン、インドネシア、マレーシア、インド、スリランカ、オーストラリアなどである。
別名を南洋五味子(ナンヨウゴミシ)という。
英名はビグネイ(bignay)である。
樹高は5~30メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶がある。
開花時期はほぼ周年である。
雌雄異株である。
枝先や葉の脇に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花弁のない花をつける。
花には強烈な臭いがある。
実は直径1センチくらいの球形で、白から赤紫色に熟する。
実は生食されるほか、ジャムやゼリーなどに加工される。
属名の Antidesma はギリシャ語の「anti(対する)+desmos(帯)」からきている。
種小名の bunius はマレーシアの現地語(buni)からきている。


« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

フォト
無料ブログはココログ

仲間のブログ

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31